数が増えた経緯|人を襲う危険な蜂は退治をしておこう|駆除方法
レディ

人を襲う危険な蜂は退治をしておこう|駆除方法

数が増えた経緯

アライグマ

1960年頃に入ってきた

アライグマの駆除が年々増えてきています。元々、アライグマという名前と、見た目がタヌキに見えることから日本古来からいる動物だと勘違いしている人も少なくありません。1960年頃にペットとしてアメリカから輸入したものが野生化して日本で繁殖し始めた外来動物なのです。そして、1970年代になるととあるアニメがブームになって、アライグマを飼う家庭も急上昇しました。しかし、幼少の頃は人懐っこいのですが、成獣となると凶暴化してしまいます。そのため一般家庭では飼えなくなって、野に放たれたのが野生化してしまいました。ブームは去ったものの、少しずつ野生化したアライグマは日本で数が増えていて近年では社会問題にもなっています。

自治体の支援も受けられる

そのため、アライグマは日本政府でも特定外来生物に指定され、その飼育や売買が禁止されています。当然のことですが、アライグマの駆除も行うことも可能です。その駆除はほとんどが捕獲箱を利用したものとなっています。アライグマが来そうなところに設置して、箱のなかにある餌を採ると自動的に入り口が塞がり閉じ込められるタイプが主流です。その捕獲箱そのものは誰でも数千円で購入することができます。自治体によってはアライグマの駆除に力を入れているところもあるため、もしもそのアライグマを見つけたらお住まいの自治体に連絡を取ってみるのも良いかもしれません。場合によっては、特定の駆除装置において補助金が降りる自治体もあります。