退治するのは躊躇する動物|人を襲う危険な蜂は退治をしておこう|駆除方法
レディ

人を襲う危険な蜂は退治をしておこう|駆除方法

退治するのは躊躇する動物

あらいぐま

捕獲には許可が必要です

アライグマは一昔前はペットとして飼った人もいる動物ですが、現在では人間にとっては害を為すことから、害獣として扱われています。アライグマは畑の農作物を荒らし回ったり、家の天井裏に住み着いてイタズラをすることがあるので、場合によっては駆除が必要となります。ところが、鳥獣保護法で守られている動物なので、駆除をしようとして傷つけることはできないです。ただ、ディスカウントショップなどで売られている、忌避剤を使って追い払うことくらいならできます。アライグマが追い払っても必ず戻ってくるという場合は、専門の業者を呼んで何らかの対策を講じてもらうといいです。捕獲が必要となった時は、行政のほうへ保革の許可の申請をしなければいけないため、その分時間がかかることもあります。

個人と業者での対策の違い

個人のアライグマ駆除のやり方は、市販の品を用いたスプレーを使って嫌がる香りを周囲に撒き、追い払う方法です。このやり方は一定期間続けることにより、アライグマが諦めて来なくなるのを待つのが狙いでもありますが、周囲に糞があった場合は駆除が失敗したことを意味します。網を張り巡らせて侵入を防ぐ手法も一時的には効果がありますが、慣れてしまうとすぐに網をすり抜けてしまうため、長期的にはあまり意味がないです。業者のアイラグマ駆除は、行政に許可を得ている場合はアライグマが移動する場所へ鉄のカゴのような罠を置き、その罠の中へ肉の細切れを入れてしばらく様子をみます。アライグマが捕獲できた場合は、アライグマが入った罠を車へ入れてから遠い山へと移動して、人が住んでいそうにない所へ放して駆除完了です。